ゲスト

移行期医療とは

近年の小児期医療の進歩により多くの命が救われてきましたが、原疾患自体や合併症が持続しながら思春期・成人期を迎える患者も多くなってきています。こうした患者に対して、小児期医療も成人期医療も、現状では必ずしも適切な医療を提供できていません。移行期医療とは患者が思春期から成人期に移行するにあたり、継続的で良質、かつ発達に即した医療サービスを提供することを通して、特別な医療ニーズを持つ子どもたちが生涯にわたり持てる機能と潜在能力を最大限に発揮することを目的としたものです。(AAP,2002)。

1. 自己決定の尊重

2. 年齢とともに変化する病態や合併症への対応

3. 人格の成熟課程に基づいた年齢相応の医療

しかし、現状では成人期を迎えた小児期発症の疾患を持つ患者を診療できる施設の不足、加齢に伴う新たな病態への対応困難、患者・家族と小児科医の信頼感による移行への抵抗感、患者の疾患理解・自己管理不足などの問題があります。

移行期医療ではこれらの問題を乗り越え、年齢に応じたプロセスを踏みながら上記の3項目を達成していくことが求められています。

「小児慢性特定疾病児童成人移行期医療支援モデル事業」では、小児期発症の慢性疾病児童が成人期を迎えるにあたり、個々の疾病の状態や体格の変化等に合わせた医療(移行期医療)を切れ目なく適切に提供できる体制の準備を目指し、日本小児科学会ならびに移行期医療への取り組み実績のある医療機関・学会や、これから移行期医療に積極的に取り組む予定である医療機関・学会にご参画、ご協力いただき、事業を展開してまいります。事業の詳細につきましては、当Webサイト内「事業概要」のページをご覧ください。

米国母子保健局の「Got Transition」には、移行期支援プログラムの有効性について詳細に述べられています。(http://www.gottransition.org/about/index.cfm)、中でも「Six Core Elements of Health Care Transition 2.0」には、小児医療と成人医療の双方に向けたプログラムが具体的に記載されており、米国ではこれをもとに、小児医療、成人医療側とも系統的に移行ができるようになったと報告されています。

Got Transition 概要 <オリジナル><事務局試訳
Six Core Elements of Health Care Transition 2.0 移行要素一覧 <オリジナル><事務局試訳_2017.11.16更新

本事業におきましても、Six Core Elementsを参考に、我が国に合った、具体的な移行医療支援を実践、検証してまいりたいと存じます。