トップ画面へ情報共有サイト
メニュー

事業概要

令和2年度研修会 開催案内

令和2年度小児慢性特定疾病児童等移行期医療支援者養成研修会

小児期から成人期への移行期にある小児慢性特定疾病児童等への適切な医療の提供に関する課題を解消し、移行期医療支援体制の構築を図るため、移行期医療に従事される方々を対象に、下記の通り研修会を開催しております。
なお→新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、今年度の研修会はWEB開催といたします。

【目的】
移行期医療に従事する方、ならびに今後移行期医療支援に関わってくださる方、関わっていただきたい方々を対象に、移行期医療支援の全体像を概説いたします。加えて、疾患特性をふまえた移行支援や移行期医療支援センターの設置・運営状況等についても情報提供し、各地域における移行期医療支援の推進をご検討頂くことを目的といたします。

【対象者】
移行期医療に従事する方(従事する予定の方も含む)、医師、看護師、ソーシャルワーカー、その他医療機関職員及び、地域内の医療・保健・福祉関係者、自立支援員など

【研修内容】
・移行期医療支援の考え方、現状と課題
・移行期医療支援の必要性・重要性、今後の方向性
・移行期医療支援の方策(国の方針等を含む)など

【研修会開催方法】
YouTube「支援者養成事業チャンネル」にて配信
限定公開にて配信いたします。

【公開期間】
2021年3月26日(木)から2021年3月31日(水)まで

【動画コンテンツ】

  • 1.移行支援の概論「移行医療・ケアとは」
     国立成育医療研究センター病院長 賀藤均(約26分)
  • 2.移行支援の各論「小児慢性特定疾病患者が円滑に成人医療へ移行するための移行支援体制の整備」
     国立成育医療研究センター生命倫理研究室長 掛江直子(約17分)
  • 3.移行期医療支援センターからの情報提供「大阪府移行期医療センターの立ち上げの経緯と活動」
     大阪府移行期医療支援センター長 位田忍(約17分)

【主催】
国立研究開発法人 国立成育医療研究センター
※本研修会は、厚生労働省健康局難病対策課による「令和2年度小児慢性特定疾病児童等支援者養成事業」により実施しております。

【お問い合わせ先】
国立研究開発法人 国立成育医療研究センター 生命倫理研究室/小児慢性特定疾病情報室
Mail: transition-support@ncchd.go.jp
Tel: 03-5494-7120(ダイヤルイン)内線番号: 5341